栽培方法

水田の除草

ここ3年化学系の除草剤を使用しないのに、田植えから稲刈りまで田んぼに稲の生育を害する雑草の生育が見られない田んぼがあります。


平成27年には、田植えから真夏の開花時期にも、収穫時期の稲株には雑草が生長しているのをみかけませんでした。


15年ほど水田の除草対策を試みてみましたが、ことごとく成果があがりませんでした。
こんなことを試みてみました。2サイクル・エンジン搭載の除草機を使ったり、手動で取ったり、ロータリー耕起でトロトロ層をかいたり、EM微生物資材を流し込んだりしましたが、どれも成功した体験談が他人ごとにおもえ除草剤に頼らなければいけませんでした。


それが、この地域に生息しはじめたジャンボタニシが雑草を食べつくしてくれることで、不思議なくらい楽に除草問題を解決してくれたのです。5年間の経験と、すでに30年前に福岡県で試みられた「稲守貝・無除草剤農法」を参考にし、害虫として嫌われているジャンボ・タニシ活用法をレポートします。安全性・労働力削減・環境保全に役立て頂けるかどうかわかりませんが、掲載いたします。


山の土を持ってきたいのですが、なかなか手に入りません。周囲は盆地で山間部なのに山の土が手にはいりません。


3年前、県境(けんざかい)の伊佐市から業者が運んでくれたのですが距離が遠いので、いくら頼んでも一向に運こんでくれませんでした。そこでシラスを使うことをシルバー人材さんが教えてくれたので早速実行してみました。(2~3年時が経ていましたね、笑い)


生コン業者から2トントラック1台分を購入し、2月に5人で田んぼにシラスを広げました。その圃場は、ジャンボ・タニシの被害は皆目ありませんでした。
少し雑草のヒエが発生したものの除草剤不要で除草成功!!信じられない光景が10アールに起きていました。

収穫後11月の雨上がり凹凸の田んぼ(2018年11月中旬)

シラスを整地に使用:三温糖のようなシラスを2トン購入しました。鹿児島の火山灰が堆積した土です、作業に適しています。


一輪車では運ぶことにしました。    11月25日午後2人で2時間かかりました。まだ足りないようです。作業中、近所の子供たち7人がこの田んぼで草野球を楽しんでいました。翌日雨、シラスが広げなれなかった窪地に水たまりができています。

                 代掻きからが本番です。その都度、公開予定です。ブログに記事あります